しっかり睡眠、バランスの良い食事で内側から健康になる

睡眠、食事で内側から健康に

健康対策として、まず私が重視していることが睡眠です。

 

普段何気なくとっている睡眠ですが、その質によって一日の体調が左右されるように思います。

 

時間は6時間半〜7時間ほど、時間に合わせて目覚まし時計をかけることですっきりと目覚めることが出来ますし、体のリズムに合わせた睡眠をとる事で顔のむくみや頭がぼーっとして集中できないという事が避けられます。

 

睡眠の質をあげるためには、寝る前の適度な(5分〜10分ほど)ストレッチを行い血行を良くし、適度に疲れることでスムーズに眠りに入ることが出来るように思います。

 

まずはしっかりとした睡眠をとる事で一日のコンディションを整え、すっきりとした頭と体で過ごす事が出来るようになります。

 

食事に関してはカロリー管理を行い、腹八分目に食べること。

 

食べすぎず、また逆に無理に食事を制限することなく食事を採るように心がけています。

 

食事の量はしっかり30回以上噛んで食べることで抑えることが出来ますし、食べる順番も野菜、魚、炭水化物や肉などとカロリーの低いものから順に食べることで食べすぎを防ぐことが出来ます。

 

適度な運動と食事、睡眠など基本的な生活の要素の質を良くすることで内面からコンディションを整えることができます。

 

健康対策として派手で劇的な改善をする事が出来るようなものではありませんが、まずは基本をしっかりと、内側から自分の身体のケアを行うことで徐々に健康な体作りが出来るようになると思います。

 

ウォーキングと腹筋が基本になっています。

 

健康を維持するために始めているのが朝のウォーキングと自宅での腹筋運動です。

 

もっとも簡単で道具も使わずにできる運動がウォーキングですし、空いた時間を使えば毎日行えるのが良いですよね。

 

自分の足で歩く事で筋肉を動かしますので足腰が弱くなるのを防いでくれます。30分を目安に歩いていますが、だらだら歩くのではなく気持ち早めを心懸けています。

 

散歩のようにゆっくりでは運動効果が半減しますので、30とは言え早歩きだと結構な距離を歩くことになります。

 

それと身体の軸を支えるため腹筋運動も毎日やっています。

 

腹筋に関しては1セット10回の3セットをやっていますが、従来のように起き上がる方法ではなく下腹に力を入れた状態で軽く方を上げる程度です。

 

スポーツジムの先生に習ったのですが、起き上がる腹筋は腰を痛めるためあまり勧められないようですね。

 

それでも腹筋に刺激がありポッコリ出ていた下腹もスッキリしてきました。

 

腹筋が付く事で歩く姿勢も良くなり、歩くスピードも安定してきました。

 

毎日続けることで身体がスッキリしますし、朝から行う事で朝食もしっかり食べることができて活動に必要なエネルギーをしっかり補えています。

 

生活リズムと適度な運動を考えるだけでも健康な身体は作れますね。