バリエーション豊かなマンションを紹介!

バリエーション豊かなマンションを紹介!

保証人になると言う事

賃貸借契約には保証人もしくは保証会社による保証を求められるのが一般的で賃貸借以外にも企業に就職する際にも保証人は必要です。
病気で入院する時にさえも保証人が必要です。
賃貸マンションに入居する際にも勿論保証人は必要で家主さんと余程親密な関係でない限りは必ずと言っていい位に保証人なしの契約はあり得ません。
何故、それほど保証人が必要なのかと言うと契約者が家賃を滞納した際に代わりに家賃を支払って貰う為です。
昔は賃貸契約ではありませんが他人の借金の保証人になってしまった為に多額の借金を抱えてしまい家族が崩壊したり自殺などをすると言う悲惨な事件があって「保証人」になる言う事は契約者と同じ債務を負う事になるので簡単に保証人になってはいけないと教えられてきました。
その為に現代所有する家の保証人は民間の企業が保証人になっています。
誰かに保証人になって貰っても良かったのですが人間関係を悪くする事もあり万が一の時にその人の一生を左右する事にもなりかねないからです。
賃貸マンションの場合は家賃位であれば多額な借金という程でもありませんが人間関係は確かにこじれます。
家賃の滞納だけではなく近所とのトラブルなど問題がある場合も保証人に連絡が入る事もあるので賃貸マンションの保証人と言っても簡単になるべきではないと思います。
賃貸マンションの保証人になるには身分証明と所得が確認され所得証明書などは必要ないとは思いますが勤務先や勤続年数と大体の年収は聞かれるはずです。
中には印鑑証明書や住民票の写しを求められる事もあるようです。
私も一度だけ友達が賃貸マンションを契約する際に保証人になりましたが不動産会社から電話があり余り良い感じはしませんでした。
出来れば断りたかったのですが難しい所で断り切れずに仕方なく保証人になってしまいました。
今の所何トラブルもなく安心していますが絶対に安心とは言い切れなく改めて保証人である事を考えると少し憂鬱な気分になります。
やはり賃貸マンションと言っても保証人になるのは覚悟が必要だと思います。