バリエーション豊かなマンションを紹介!

バリエーション豊かなマンションを紹介!

日本のマンションの平均戸数

私の住む地域にはマンションは少ないのですが都心部や都心部に程近い郊外には大きな面ションが建っていて一体どれくらいの戸数があるのだろうと思う事があります。
そして日本には一体どれ位マンションがあるのだろうと考える事があります。
現代、日本のマンションの数は約40万棟あって1棟の平均世帯数は48.7世帯でマンションに住む人は5300万人だと言われているようです。
1世帯4人で計算してもマンション1棟には約200人の人が住んでいる事になります。
それだけでも随分驚きます。
更に驚く事にマンションの積立金や駐車場代や管理費の残金は60兆円もあると聞きます。
一体60兆円がどれくらいの金額かは私には想像が出来ませんが国家予算に値する位の金額だと思われます。
何故かマンションは一戸建てに比べて固定資産税が7.5倍もするようで東京都を例にあげると税収の32%がマンションの固定資産税だそうです。
もしもマンションの固定資産税の税率が下がったら東京都の財政は一体どうなるのだろうか?
東京都だけでなく日本全体の財政も苦しくなって他の税金が上がるのではないだろうかと不安になってしまいます。
マンションに住む人には申し訳ありませんが継続して高い固定資産税を払い続けて貰うしかありません。
それにしてもマンションは人が住む為に必要な住居と言う認識しかなかったのですがマンションには何だか凄い力があると感じます。
マンションはある意味では日本の財政を大きく担っていてもしかしたらマンションから日本をかえて行く事も出来るかもしれません。
来年の4月からだったと思いますが消費税が5%から8%に税率がアップすると言うニュースが流れ世間を騒がせています。
政治家は一般庶民からの税金で財政を賄おうとしていますがマンション積み立て金や管理費の残額を不動産会社や投資家の利益にするだけでなくもっと他に有効の活用する事はできないのでしょうか。
何故かマンションの平均戸数を考えていると日本の経済にまで話が進展してしまったのですがマンションはそれ程日本の経済には影響を与えている事かもしれないと思いました。